ニュース・トピックス

ニュース・トピックス一覧へ戻る
協会からのお知らせ
2020.04.16

経済産業省よりセーフティーネット保証5号と雇用調整助成金について

この度、経済産業省よりご連絡があり、コロナウイルス感染拡大の影響で業績に大きな被害を受けている業種に
セーフティーネット保証5号の申請ができる旨ご案内がありましたので、
当協会としまして次の業種で申請を行いました。中小企業庁での審査の結果、3業種とも申請が認められました。

「5492計量器・理化学機械器具・光学機械器具等卸売業」
「6082時計・眼鏡・光学機械小売業」
「9092時計修理業」

これにより、時計卸売業、時計小売業、時計修理業の企業が「危機関連保証(上限2.8億円)」とは別枠で、
セーフティーネット保証5号枠として最大2.8億円の無担保無利子での融資を受けられる制度がご活用頂けます。
実際の融資に際しては、金融機関における審査により、条件が付く場合も想定されます。
詳細につきましては、下記URLから経済産業省のパンフレット(8~10ページ)をご参照頂くか、
中小企業金融・給付金相談窓口(0570ー783183)へお問い合わせ頂きますようお願い致します。

https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

また、緊急事態宣言を受けて、7都府県の百貨店を中心に全面休業している影響や
ご自身の判断で営業自粛をしている関係で売上が激減している期間の従業員への休業補償につきましても、
雇用調整助成金制度があり、解雇等行わない場合は、助成率の上乗せ(中小企業9/10、大企業3/4)の措置が、
4月1日~6月30日の間の休業に適用されてます(ただし受給の要件はあるそうです)。
詳しくは、上記URLのパンフレット(43ページ)をご参照頂くか、最寄りの都道府県労働局またはハローワーク、
またコールセンター(0120-60-3999)にお問い合わせ下さいますようお願い致します。

PAGETOP